フットサルで一目置かれ、チームも優勝できるようになるフットサル初心者マニュアル


フットサルで一目置かれ、チームも優勝できるようになるフットサル初心者マニュアル


「○○が語る究極のドリブル方法」
「△△のシュートとテクニックその他一式を教えます」


などなど、「自分には関係無いな・・・」と思いませんでしたか?

全て上級者向けだと感じたことはありませんか?
高等なドリブルテクニックを見せられても、
そんなのできれば苦労しないよ、と感じませんでしたか?


「もっと頑張らずに気軽にフットサルってうまくなれないの?」
「チームの個人個人はうまいと思うけど、試合になったら勝てない。」
「そもそも、チームを作るのが大変でフットサルできません!」
「今、フットサルの状況ってどうなってるの?」
「プロとかあるの?日本は世界でどれくらいに位置してるの?」
「フットサルのルールが良くわからない。何人でプレーするの?」


残念ながら、これらの疑問や問題に全て応える
雑誌、本、DVDはありません。本当に残念ですが、無いのです。


まとまって一貫している情報が困ったことに無いのです・・・

ですから・・・

その情報「全て」を、今からまとめてあなたに伝授します!!




続きを読む

本物のサッカーマニュアル【元Jリーガー服部浩紀直伝】わが子をプロ選手にするための8つの極意

本物のサッカーマニュアル【元Jリーガー服部浩紀直伝】
わが子をプロ選手にするための8つの極意



お子さんが中学生となる頃には、既に評判となっているぐらいでなければ、
子供がJリーガーとなるには、かなり苦労されるかもしれません。

プロサッカー選手の殆どは、中学生になる頃には既に頭角を現しはじめています。
DFやGKなどはサッカーを始めたのは遅め、だという傾向もありますけど、
約半数は8歳以前からサッカーを始めているのです。

だから
子供をサッカー選手とするには幼少期こそが大事!!>
なのです。

少年サッカーには「ゴールデンエイジ」と呼ばれる年齢があります。
9歳〜12歳ぐらいの年頃を指していう言葉ですね。
これはもっとも神経系統が発達する年頃で、
サッカー技術を磨いていくにあたってもっとも重要な時期とされています。

しかし、実際のところ、
この年代からサッカーを始めてプロになれた選手は意外と少ない。
さっきも言ったとおりもっと以前からサッカーを始めている選手が多いんです。


それでは、何歳から始めたらいいのでしょうか?
ズバリいうと幼児期からサッカーを始めるべきなのです。

幼児期にはバランス感覚が飛躍的に伸びます。
神経系における成長も著しく、運動機能が発達していくにあたってもっとも重要な時期となります。


もちろん、ただ幼い頃からサッカーをやらせとけばそれだけで万事OK というわけでもありません。

正しい指導でやっていかない限り、むしろ逆効果となる可能性だってあります。
つまり幼児期は「伸びやすい分、傷つきやすい」のです。

変なクセがついてしまったら、後々それが響きます。
併せて、精神的にもまだまだ弱い年頃です。

何もしなければサッカーが上手くならないのは当然のことですが、
かといって親がむきになりすぎても子供を潰しかねません。

頑張りすぎてもダメなんです。


そこで、子供をJリーガーにするために、両親としてできることとは何なのでしょうか?

子供の夢を叶えるためには、サッカースクールや学校のクラブだけでは
サポートしきれない親御さんだからこそできることがあります。

いや、これらは出来ることではなく、やっていただきたい事なんです。
何も難しいことではありません。

そのやっていただきたいことをまとめた「8つの極意」。
その極意とは・・・


続きを読む
フィードメーター - スポーツが一気に上達するマル秘練習法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。