ダブルスの試合で勝つために、技術の他に欠かせない要素


ダブルスの試合で勝つためのテニス必勝プログラム


ひたすら練習をこなし、テニスの技術を上達させれば
ダブルスで試合に勝てるようになる。

そう思いがちですが、実際の試合ではどうでしょうか?
予想外に結果が振るわない事が多いのではないでしょうか。

まあそれもそのはず、ダブルスで勝つ要素は技術の向上に限らないのですから。
もし自分の技術と現実の試合結果にギャップを感じているのなら、今後は主に

戦術力

の向上を目指していくべきと思います。

戦術は、一定以上の技術を持ったプレイヤー同士の対戦となれば
特に欠かせない要素です。技術との比重で言えば半々、いやそれ以上でしょうか。

「それで、戦術って具体的に何をどうするの?」

こちらで公開しています。

詳しくはこちらをクリック

練習時間があまり取れない方のための、テニスが飛躍的に上達するコツ


練習時間があまり取れない方のための、テニスが飛躍的に上達するコツ


大会等で活躍できるほどにテニスを上達させるには、とにかく練習あるのみです。
テニスラケットを振った回数に比例して、テニスはぐんぐん上達していきます。

そうはいっても、様々な都合からテニスの練習にあまり時間を割けない方が多いでしょう。
もしあなたもそうなのだとしたら、既にあなたは大きなハンデを背負っています。
あなたが他の事をしている間に、ライバル達はどんどんテニスの練習を積み重ね、
その差は開いていく一方です。ですから、他人と同じような練習をしていては、
絶対にこの差は埋まりません。


少ない練習量で一気に上達するには、最小限の練習で最大限の効果が出るような、
テニスが上達するための本当のコツを知る必要があります。

もし、そのテニス上達のコツを本気で知りたいのであれば、今すぐにお教えしましょう。
まず、テニスの上達に必要な事が2つあります。その2つとは・・・


続きを読む

テニス肘痛を簡単に手早くきっちり治す7つのコツ


テニス肘痛を簡単に手早くきっちり治す7つのコツ


ネットで検索すると、テニス肘痛や上腕骨外上顆炎の解説が
載っているページが数多くヒットしますが、どのページも
専門用語だらけで、いまいちピンとこないと思います。

もっとわかりやすくて実践しやすい
テニス肘痛の治療法があったら・・・そう思いませんか?


そんなお困りの方々のお役に立つべく、ご用意しました。
テニス肘痛を早くきっちり治療する、7つの秘密を・・・

まずはその前に、テニス肘痛、上腕骨外上顆炎の原因と
治りにくい理由の真実を、わかりやすく丁寧に
説明するところから始めたいと思います。


続きを読む

テニストライアングル上達法 全日本ランカー&スクール校長が教える


全日本ランカー&スクール校長が教える「テニストライアングル上達法」


テニス上達を加速度的にする為に大切なこととして、
目的もさることながら。3つの重大な要素があるということを
突き止めました

その3つとは・・・

「言語的、映像的理解」    イメージング
「体で受け止める体感覚」   プレイング
「体感覚を呼び覚ます記憶方法」レコーディング
 

・どこにどのようなフォームでアプローチをしているのか?
 → 理解=言語的、映像的処理
・そのとき体はどのような感じがするのか?
 → 体が意識できる=体感覚的処理
・感覚をどのような言葉でプレーを再現できるか
 → 再現性を高める=記述式記憶処理


この3つのトライアングルステップの

「イメージを理解し明確にして」
「体をそのイメージにしたがって練習を重ね」
「体の感覚を引き出せるように記録する」


ということを実践することなのです。

その上達トライアングルを実行していけば
テニス上達の最短ステップにたどり着けるのです!!

そして、あなたのテニス上達は見違えるほど加速度を
増していくことでしょう。

では、具体的にどうやって実践すればいいのか?
それは・・・



続きを読む

あなたも日本ランカーになれます!有名テニススクール校長も絶賛した、元テニス日本ランカーのテニス上達プログラム


あなたも日本ランカーになれます!バックハンドが苦手でも、
サービスが入らなくても、実践後わずか3日で優勝の喜びが!
有名テニススクール校長も絶賛した、元テニス日本ランカーのテニス上達プログラム


私は社会人になってテニスをはじめて、働きながら全国を転戦して、
わずか90日あまりでテニス日本ランカーになりました。


ですが・・・正直に告白すると、
日本ランキングどころか、草トーで1勝するのも夢のまた夢でした。

仕事が休みの日に繰り返し練習をしても、なかなか目に見える上達はありません。
ちょっと上手くいったと思っていたら、次の週末には元に戻っていました。


そんなテニスの難しさを思い知った時、私は「ある決心」をしました。
私はテニス上達にふさわしい環境を求めて、海外にテニス留学に行く決心をしたのです。

そんなときに同じテニスクラブで練習をしていた、私と同年代で体格も
日本人と同じくらいのアメリカ人と仲良くなりました。彼は他の選手よりも
体格で劣りながらも、力の抜けたフォームで次々にポイントを奪っていく選手でした。

そんな彼は、私にいくつかの簡単なテニス上達法を教えてくれました。

「テニスはただ時間をかけて練習すれば上達するほど甘いスポーツじゃないんだ。
だけどね・・・、その分ちょっとした修正をするだけで、
何年も練習した人よりも上達するんだよ。」


その後、彼の指示を受けながら20分程度練習して、ゲーム形式の練習となったのですが・・・

あんなに練習しても、どんな打ち方を試してみても、全く入らなかったストロークが、
おもしろいようにコートに入るようになりました。

さらに教えてもらったことを、日本に帰ってから試合の中で試してみたところ・・・

ストロークだけでなく、サービス、ボレーなどに応用していった結果、
草トーに出ても思い通りにプレーすることが出来るようになり、連戦連勝となりました。
そしてついには日本ツアーを転戦し始めて、夢の日本ランカーになることが出来たのです。


なぜ、私が一気にテニスが上達出来たのか?
それは彼の言うとおり、「ほんの少し直しただけ」なのです。

『それはわかったけど、じゃあ具体的にどうすればいいの???』

はい、ごもっともな質問だと思います。それではお答えしましょう。


続きを読む



関連記事
テニス上達法15
1月3日(木)の練習&ムーブスクリューのポイント等
ダイエットモニターの注意点
ネット際攻防の攻略大作戦!最新号『月刊テニスジャーナル2008年3月号 ...
トップスクール荏原SSC・谷澤英彦の勝つためのテニス75の練習法
ゴルフアプローチ上達法。距離に応じた対処法。
新練習法
DVDコピーソフト
4倍効果的練習法 トラップ&ミニテニス
楽しいよっ
初心者のテニス練習法を技術者的に考える
V.ウィリアムスに学べ グリップと打ち方
モメンタスアイアン練習法
寒さ対策練習法 その2
テニスジャーナル 勝つダブルス下巻:最新版(DVD)
新トレーニング
テニスメルマガ
フィードメーター - スポーツが一気に上達するマル秘練習法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。